自分が鬱じゃないかチェックしよう|早期発見が肝心

医師

自己診断で早期発見を

女性医師

憂鬱な気分や落ち込み・不安感などが継続して続くような時は、インターネットなどのうつ自己診断チェックなどを利用しましょう。うつの傾向が強ければ、早めに治療を開始すべきです。うつは治療をせず放置すれば悪化する病気です。

読んでみよう

早期治療を望む場合

病院

鬱病の疑いを感じた場合チェックシートを利用して自分自身の状態を確認してみましょう。病院に足を運ぶためのきっかけを作ることができます。鬱病にはいくつかの種類が存在していますので、チェックシートを利用する際はそうした点に注意することが大切です。

読んでみよう

心の病気を治す

看護師

普段から自己診断をしよう

鬱病を発症すると、心療内科での投薬治療を行う必要があります。この場合、早期に治療を開始した方が完治も早い傾向が統計的にあります。そのため普段の生活から自己が鬱病を発症していないかをチェックすることを推奨します。鬱のチェック方法としては市販の心理系の本を参考にする方法があります。この場合、著者が心療内科医である方が内容面の信頼性が高まります。そのため鬱病のチェック診断についても安心できます。また仕事などで忙しくて書店に行けない場合は、自宅に居ながらネットで鬱病のチェック診断を行う事が可能です。ネットでは様々なサイトがありますが、可能ならば医師が監修をしている有料サイトの自己診断が内容面の精度が高い傾向があります。そして自己診断を行って、鬱病の可能性の判定結果が出た場合は早期に心療内科に行くようにしましょう。心療内科の選び方は、信頼できる友人や知人の情報を参考にすることが有益です。ネットの口コミサイトの情報も参考になりますが、匿名サイトの中には情報が偏っている可能性があるために慎重に選ぶようにしましょう。ネットでの鬱病の自己診断の内容には様々な項目があります。例えば毎晩眠れないという症状は、初期のうつ病の症状である可能性があります。それ以外にも、毎朝早朝に目を覚ましてしまう場合もうつ病の初期症状である可能性があります。具体的には毎朝3時や4時頃に目が覚めて、そして眠気が強いのに眠れない場合は初期のうつ病の可能性があるので医師に相談すると良いでしょう。

医師の意見を聞こう

現代社会は仕事や学校などの人間関係が複雑化しているために、その人間関係のストレスによって鬱病を引き起こしてしまう人もいます。鬱病は放置していても悪化してしまう事が多いために、早急に症状を発見してカウンセリングや投薬治療を開始することが重要となります。鬱病のチェック方法としては自分で判断可能なケースがあります。例えば、理由もなく憂鬱な気持ちが続いたり悲しい気持ちが続いたりする場合は、初期のうつ病の可能性があります。そのため症状を放置せずに早めに医師に相談をしましょう。またうつ状態というのは自分では気が付かないケースがあります。例えば、日常生活の中でボーッとする時間が多いという症状はうつの初期症状にも当てはまります。しかし自分では気が付かない事があります。そのため、自分が鬱病か否かが気になる場合は同居の家族や親しい友人などにチェックして貰うことも有益な方法となります。さらに、うつ病の初期症状としては今まで楽しめた趣味が心から楽しめないという症状が挙げられます。明確な悩みがあって趣味を楽しめない事は人間である以上、起こり得ることですが、理由もなく今まで楽しめていた趣味を楽しめない場合は、心が疲弊している可能性があります。そのため趣味を楽しめないような症状がある場合は、早めに医師に相談すると良いでしょう。また自己診断をして、自分がうつ病ではないと診断された場合であっても気になる症状がある場合は心療内科に行くことを推奨します。医師の診断を受ける事によって安心できるからです。

心の悩みに気づいてますか

頭を抱える女性

日頃からどれだけ自分が精神的なストレスを受けているか意識することは難しいことです。鬱病は継続的に抑鬱状態が続くことで神経伝達物質のバランスが崩れて発症します。家族や周囲の友人は日頃と素行が異なると感じた時には、心療内科の受診を勧めたり、精神的に負担がないかお互いをチェックすることが大切です。

読んでみよう